原価計算式

組織のパフォーマンスの急上昇または低下を見つけるために、特定の原価計算式を定期的に監視する必要があります。次に、これらの問題を調査して、利益を高める目的で是正措置を講じる必要があるかどうかを確認できます。最も重要な原価計算式のいくつかを次に示します。

  • 純売上高の割合。純売上高を総売上高で割ります。結果は1に近いはずです。そうでない場合、会社は売上高の割引、返品、および手当に対して、売上高の途方もない割合を失っています。

  • 粗利益。純売上高から商品とサービスのコストを差し引きます。純売上高のパーセンテージとしての結果は、期間ごとに非常に一貫している必要があります。そうでない場合は、製品の組み合わせが変更されたか、営業部門が価格を変更したか、材料費または人件費が変更されました。

  • 損益分岐点。固定費の合計を貢献利益で割ります。この計算は、ゼロの利益を得るために達成しなければならない販売レベルを示しています。次に、経営陣は、定期的にその最小販売レベルを満たす組織の能力を決定する必要があります。そうでなければ、会社はお金を失うでしょう。

  • 純利益率。純利益を純売上高で割ります。結果を過去数年間の毎月生成されたものと比較します。着実な減少傾向は、費用が増加したか、販売マージンが減少したことを意味するため、訴訟の原因となります。

  • 販売価格の差異。実際の価格から予算価格を引き、実際の販売台数を掛けます。差異が好ましくない場合は、実際の販売価格が標準の販売価格よりも低かったことを意味します。これは、販売割引やその他のプロモーションの過度の使用を示している可能性があります。

  • 購入価格の差異。実際の購入価格から予算購入価格を引き、実際の数量を掛けます。差異が好ましくない場合は、会社が予想よりも高いコストで材料を購入していることを示している可能性があります。

  • 材料歩留まりの差異。実際のユニット使用量から標準ユニット使用量を引き、ユニットあたりの標準コストを掛けます。差異が好ましくない場合は、製造プロセスでのスクラップの量が多すぎたり、倉庫で腐敗したり、取得する材料の品質が低下したりする可能性があります。

  • 労働率の差異。実際の労働率から標準労働率を引き、実際の労働時間を掛けます。差異が不利な場合、おそらく高学年の人々が使用されているか、労働契約によって労働率が上昇しているために、会社は直接労働に対して予想以上に支払っています。

  • 労働効率の差異。実際に発生した時間から標準時間を差し引き、標準労働率を掛けます。差異が好ましくない場合、従業員は予想よりも効率が悪くなっています。これは、不十分なトレーニング、経験の浅い人材の採用、または問題のある生産設備が原因である可能性があります。