相対売上高法

相対売上高法は、製品の販売価格に基づいて共同原価を配分するために使用される手法です。たとえば、製造プロセスでは2つの製品を作成するために100ドルのコストが発生し、一方(製品A)は400ドルで、もう一方(製品B)は100ドルで販売されます。この方法では、100ドルの共同コストの80%が製品Aに割り当てられます。計算は次のとおりです。

100ドルの共同費用x(400ドル÷(400ドル+ 100ドル))= 80ドル

100ドルの共同コストの残りの20%は、製品Bに割り当てられます。計算は次のとおりです。

$ 100共同費用x($ 100÷($ 400 + $ 100))= $ 20

結果として生じるコスト配分は、製品間でコストを均等に分散し、各製品のマージンはほぼ同じになります。ただし、製品マージンは、割り当てポイントの後に各製品で発生するコストに応じて異なる場合があります。