買掛金元帳

買掛金元帳には、サプライヤから受け取ったすべての請求書の詳細が含まれています。この元帳は補助元帳として使用され、そこから要約レベルの情報が定期的に総勘定元帳に転記されます。個別の買掛金元帳があると、大量の詳細な買掛金取引が総勘定元帳を乱雑にするのを防ぎます。

元帳は、以下を含む各請求書の特定の支払情報を追跡します。

  • 請求書番号

  • 請求書の日付

  • サプライヤ名

  • 支払い可能な金額

買掛金の総勘定元帳の残高は、2つが一致することを確認するために、買掛金の最終勘定残高と比較されます。この比較は、期末処理プロセスの一部として行われます。