未払いの元本残高

未払いの元本残高は、借り手が貸し手にまだ返済していないローンの部分です。この残高は、貸し手が負担する不払いの残りのリスクを表しています。通常のローンの支払いは、利息と元本の返済の両方で構成されているため、元のローンの金額から現在までのすべてのローンの支払いを差し引くだけでは、未払いの元本残高を計算することはできません。代わりに、未払いの元本残高に到達するために、貸し手に支払われた利息の金額も加算する必要があります。したがって、計算は次のようになります。

元のローン金額-これまでに支払われたローンの合計+現在までに支払われた利息の合計

したがって、ABC Companyが100万ドルのローンを実行し、それ以降30万ドルのローンを支払い、それらの支払いの利息要素が20万ドルだった場合、未払いの元本残高は90万ドルになります。

ローンの終了日に単一のペイオフを持つように構成されたローンの場合は状況が異なります。これはバルーン支払いと呼ばれます。この場合、終了日より前に貸し手に行われたすべての支払いは、利息のみを目的としています。したがって、未払いの元本残高は、ローンの期間中同じままです。

次の期間のローン支払いに含まれる利息は、前の期間の終わりの未払いの元本残高から算出されます。

未払いの元本残高の概念に関する一般的な誤解は、住宅所有者が住宅ローンを返済する時期になるときです。彼らは、支払われるべき金額が彼らの最後の住宅ローン明細書に現れる未払いの残高であると想定しています。ただし、実際の未払い額は、この未払いの元本に、その明細書の日付以降に発生した利息の額を加えものです。