浸透戦略

浸透戦略は、市場での総売上高に占めるシェアを大幅に拡大するために積極的な行動を取るという概念です。結果として生じる販売量の増加により、通常、企業はより低いコストで商品を生産したり商品を入手したりできるため、より高い利益率を生み出すことができます。また、組織がより多くの市場シェアを獲得すると、これにより競合他社の売上が減少し、一部の企業が市場から脱落することを余儀なくされる可能性があります。企業が浸透戦略に従事することができるいくつかの方法があります。最も一般的な選択肢は次のとおりです。

  • 値下げ。最も一般的な浸透戦略は、単に価格を下げることです。顧客が価格に敏感な場合は、会社の製品やサービスをさらに購入することで対応します。ただし、このアプローチは、そのオファリングが少なくとも競合するオファリングの品質の中央値を持っていると見なされる場合にのみ機能します。このアプローチは、競合他社が会社の値下げに容易に匹敵するかそれを超えて、価格競争を引き起こす可能性がある場合には適切ではありません。また、価格が下がると、企業の商品やサービスの価値に対する顧客の認識が低下する可能性があり、後日、より高い価格に戻ることはできません。

  • 用語の改善。企業は、より長い支払い条件またはより寛大な製品返品ポリシーを提供できます。このアプローチにより、会社は市場でより財政的に不安定な顧客からの売上をすくい上げることができ、大きな貸倒損失をもたらす可能性があります。また、長期間未払いの売掛金を支払うには、より多くの資金が必要です。

  • 拡張されたマーケティング。企業は、製品のブランディングを改善するためにより多くのマーケティング資金を費やすことができます。製品価格の上昇がないことと組み合わせると、結果として、企業の製品がお買い得であると認識され、追加の市場シェアがもたらされる可能性があります。

  • 製品の差別化。より優れた浸透戦略の1つは製品の差別化であり、企業は競合他社とは著しく異なり、より優れた新製品を作成します。競合他社が対応するのに時間がかかる場合があり、企業がより多くの市場シェアを獲得する時間を与えます。

  • 流通チャネルの拡大。企業は、商品を市場に販売するための多くの新しい方法を作成し、それによってより多くのオーディエンスに対応することができます。たとえば、配布はインターネット、小売店、露天商を通じて行うことができます。競合他社がこれらのチャネルのいずれかを介して販売しない場合、この戦略への応答がない限り、企業は市場シェアを獲得できます。

前述の戦略の中で、値下げと条件の改善の使用は、競合他社が簡単に一致させることができるため、最も一時的な結果をもたらす傾向があります。マーケティング、製品、流通チャネルとの差別化は、より長期的な結果をもたらす傾向があります。

同類項

浸透戦略は、市場浸透戦略としても知られています