非売掛金

非売掛金は、出荷された商品または実行されたサービスに対する通常の顧客の請求書以外の事業体への支払期日です。非売掛金の例としては、ローンや賃金の前払いのために従業員が会社に支払うべき金額、税務当局が支払うべき税金の還付、保険会社が支払うべき保険金請求などがあります。

非売掛金は通常、1年以内に支払われることが見込まれるため、貸借対照表では流動資産として分類されます。支払いが長期間にわたると予想される場合は、それを非流動資産として分類します。

第三者からの受取利息が多い場合は、別の受取利息勘定に記録することを検討してください。

すべての例で、非貿易品目は通常、会社の請求ソフトウェアを使用して請求されません。代わりに、それらは仕訳として記録されます。これは重要な違いです。売掛金勘定に影響を与える仕訳はほとんどないはずですが、通常、仕訳は売掛金以外の勘定で使用される唯一のトランザクション形式です。実際、取引を記録するための仕訳の使用は、売掛金を非売掛金として扱う必要があることを示す重要な指標と見なすことができます。

非売掛金勘定に記録されている個々の項目を定期的に評価して、会社がまだ全額の支払いを受け取る可能性があるかどうかを確認する必要があります。そうでない場合は、アカウントの金額を予想されるレベルまで減らし、この決定を行った期間の費用に差額を請求します。この評価は、期末処理プロセスの一部として実施する必要があります。