不良債権を帳消しにする方法

貸倒償却は、直接償却方法または引当金方式のいずれかを使用して償却することができます。最初のアプローチは、貸倒費用の認識を遅らせる傾向があります。関連する顧客の請求書が回収できないと考えられる場合は、貸倒れを帳消しにする必要があります。そうでなければ、企業は、最終的に現金に変換される未払いの顧客請求書の金額を過大評価する非常に高い売掛金残高を抱えることになります。不良債権を説明する方法は2つあり、次のとおりです。

  • 直接償却方法。請求書が支払われないことが確実な場合、売り手は貸倒費用勘定に請求書の金額を請求することができます。仕訳は、貸倒費用勘定への借方と売掛金勘定への貸方です。また、元の請求書に請求された関連する消費税を取り消す必要がある場合もあります。これには、消費税の買掛金勘定への借方記入が必要です。

  • プロビジョニング方法。売り手は、請求書の金額を疑わしいアカウントの引当金に請求することができます。仕訳は、貸倒引当金の借方であり、売掛金勘定の貸方です。繰り返しになりますが、元の請求書に消費税が請求されている場合は、消費税の買掛金勘定から借方に記入する必要がある場合があります。

いずれの場合も、特定の請求書が実際に償却されると、これは、対象の請求書を具体的に相殺する会計ソフトウェアでクレジットメモを作成することによって行われます。

不良債権を帳消しにするために提示された2つの方法のうち、好ましいアプローチはプロビジョニング方法です。その理由は、費用認識のタイミングに基づいています。直接償却方法で一般的であるように、不良債権を償却するために数か月待つ場合、不良債権費用の認識は、最初の売却が記録された月を過ぎて遅れます。したがって、収益の記録と関連する貸倒費用の間に不一致があります。引当金方式では、売上高の計上時に引当金を計上することでこのタイミングの問題を解消し、どの請求書が後に貸倒れとなるかが正確にわからなくても、一度に貸倒費用を認識します。