進捗請求

進捗請求は、これまでに完了したプロジェクトのその部分について顧客から支払いを受け取ることを目的とした請求書です。これらの請求は通常、プロジェクトの期間が長い場合に発行されるため、請負業者は暫定的にその運用をサポートするのに十分な資金を得ることができます。進捗請求は、プロジェクトが1年以上続く可能性がある建設業界で特に一般的です。進捗請求には、標準の請求書にはない次の固有の情報が含まれています。

  • 調整後の総契約額

  • これまでの進捗請求の累積額

  • プロジェクトの完了率

  • 請求される残りの合計金額

顧客は、進行中の請求の計算に、プロジェクトが完了するまで請求されない、契約全体の源泉徴収された割合を組み込むことがあります。この源泉徴収額は、顧客が見つけた残りの問題を修正するよう請負業者に圧力をかけるために使用されます。