総製造コスト

総製造原価は、レポート期間中に企業が商品を製造するために発生した総原価です。この用語は、次の2つの方法で定義できます。

  • このコストの全額がレポート期間の費用として請求されます。つまり、総製造コストは売上原価と同じです。または

  • この費用の一部は期間中に費用として請求され、一部は期間中に生産されたが販売されていない商品に割り当てられます。したがって、貸借対照表に記載されているように、総製造原価の一部を在庫資産に割り当てることができます。

この用語のより一般的な使用法は、総製造コストが最初の定義に従うことであり、レポート期間の費用に請求される金額も同様です。この状況での総製造コストの計算は次のとおりです。

  1. 直接材料。期間中の資材購入の総コストを在庫開始コストに加算し、在庫終了コストを差し引きます。その結果、期間中に発生した直接材料のコストが発生します。

  2. 直接労働。関連する給与税のコストを含む、期間中に発生したすべての直接製造労働のコストをまとめます。その結果、直接労働のコストが発生します。

  3. オーバーヘッド。期間中に発生したすべての工場オーバーヘッドのコストを集計します。これには、生産給与、施設の賃貸料、修理と保守、設備の減価償却などの費用が含まれます。

  4. 最初の3つのステップから得られた合計を合計して、総製造コストを算出します。

このコストの計算は、コストの一部が生産されたが販売されていない商品に割り当てられる可能性がある2番目の定義を使用する場合は多少異なります。この場合、次の手順を使用します(標準原価計算が使用されていると想定)。

  1. 生産される各ユニットに標準材料費を割り当てます。

  2. 生産される各ユニットに標準の直接人件費を割り当てます。

  3. 期間中のすべての工場間接費をコストプールに集約し、このコストプールの内容を期間中に生産されたユニット数に割り当てます。

  4. ユニットが販売されると、関連する標準材料費、標準直接人件費、および割り当てられた工場のオーバーヘッドを販売した商品の原価に請求されます。

注:ある期間に生産されたよりも多くのユニットが販売された場合、前の期間の在庫に割り当てられたコストが費用として請求されます。その場合、販売された商品のコストは、その期間に発生した総製造コストよりも高くなります。