売上割引の会計処理

販売割引は、買い手による早期支払いと引き換えに、売り手が提供する製品またはサービスの価格の引き下げです。売り手が現金を不足している場合、または他の理由で未払いの売掛金の記録額を減らしたい場合は、販売割引が提供されることがあります。

販売割引の例としては、購入者が通常の30日ではなく、請求日から10日以内に支払う代わりに1%の割引を受ける場合があります(請求書には「1%10 / Net30」の条件としても記載されています)。 )。もう1つの一般的な販売割引は、「2%10 / Net 30」条件です。これにより、請求日から10日以内の支払い、または30日以内の支払いに対して2%の割引が可能になります。

顧客がこれらの条件を利用し、請求書の全額より少ない金額を支払う場合、売り手は割引を販売割引口座への借方および売掛金口座への貸方として記録します。売上割引勘定は損益計算書に表示され、逆収益勘定です。つまり、総売上を相殺するため、純売上高は小さくなります。損益計算書での販売割引の表示は次のとおりです。