平均発行済株式数

平均発行済株式数の概念は、1株当たり利益の情報を計算するために使用されます。平均発行済株式数は、1株当たり利益の計算の分母に挿入され、レポート期間の1株当たり利益を導き出します。この情報は、公開企業によってのみ報告されます。非公開企業、政府機関、または非営利団体については、この情報を報告する必要はありません。

平均発行済株式数の計算は、基本的に加重平均計算であり、単純な平均計算を使用した場合よりも正確な平均結果が得られます。

たとえば、1月の初めに発行済みの株式が100,000株ある企業があります。その後、2月上旬に40,000株、3月上旬に20,000株を発行します。 3月末までの発行済株式総数は16万株です。平均発行済株式数を計算するために、1月全体で10万株、2月全体で14万株、3月全体で16万株の発行済み株式があると仮定します。この3か月を合計すると、40万株になります。この数値を測定期間の3か月で割ると、平均発行済株式数は133,333株になります。

代わりに単純な平均を例で使用した場合、開始株式残高を終了株式残高に追加し、2で割ると、平均株式数は13万株になります。