保持

留保金は、プロジェクトが完了するまで差し控えられる契約の合計価格の一部です。この源泉徴収は、請負業者の仕事の質が適切であることを保証することを目的としています。最終検査で請負業者の作業に問題が見つかった場合、対象の問題が修正されるまで、保持はクライアントによって保持され続けます。保持額(通常10%)は請負業者の全利益を構成する可能性があるため、クライアントの希望に従ってプロジェクトを確実に完了することは強力なインセンティブと見なされます。保持額は、請負業者がプロジェクトの資金調達を余儀なくされるほど大きくてはなりません。

請負業者のパフォーマンスについてより不確実性があるため、保持はクライアントによって新しい請負業者に課される可能性が高くなります。クライアントが異常に短い期間内にプロジェクトを完了する必要がある場合、保持が課される可能性は低くなります。契約の保持条項を放棄することは、請負業者にクライアントのために働くように誘う主なインセンティブと見なされます。