商業物質

事業の将来のキャッシュフローが取引の結果として変化すると予想される場合、商取引は商業的実体を有すると言われます。キャッシュフローの変化は、以下のいずれかに重大な変化があった場合と見なされます(税務上の考慮事項は含まれません)。

  • リスク。取引の結果としてインバウンドキャッシュフローが発生しないリスクの増加を経験するなど。たとえば、企業は、より多くの返済額と引き換えに、債務のジュニア担保付きステータスを受け入れます。

  • タイミング。取引の結果として受け取ったキャッシュインフローのタイミングの変更など。たとえば、企業は、より多くの金額と引き換えに支払いの遅延に同意します。

  • 金額。取引の結果として支払われる金額の変更など。たとえば、企業は少額を受け取る代わりに、より早く現金を受け取ります。

この概念は、企業が技術的に正しい会計または法改正を行って、実際の取引が実際に行われていないことを商業的に示すような偽の取引を作成して収益または利益を生み出す状況を探し出すために使用できます。これらの状況では、偽の取引は財務諸表で認識されるべきではありません。

商業的実体がない状況の例は次のとおりです。

  • 個人事業主の所有者への資産の売却。所有者は直ちに資産を事業にリースします。個人事業主とその所有者の区別はほとんどないため、所有権の実際の変更は発生しなかった可能性があります。

  • さまざまなインターネットおよび電話サービスプロバイダーによる帯域幅容量の交換。そうすることにより、実際には利益の変化をもたらす実際の収益の生成が発生しない場合に、両方のエンティティが収益を認識します。

商業的実体の概念は、企業間の資産の交換にも適用されます。商業的実体がある場合(つまり、取引によってキャッシュフローに変化が生じた場合)、当事者は取引所の利益または損失を認識する必要があります。商業的実体がない場合は、取得した資産を取引所で放棄された資産の簿価で記録します。取引に商業的実体がない場合の利益または損失の認識に関連する追加の問題があります。