貸借対照表にマイナスの現金があるべきですか?

現金勘定にクレジット残高がある場合、企業は貸借対照表にマイナスの現金残高を報告できます。これは、企業が手元にあるよりも多くの資金の小切手を発行した場合に発生します。マイナスの現金残高が存在する場合、超過した小切手の金額を負債勘定に移動し、エントリを自動的に取り消すように設定することにより、貸借対照表に表示されないようにするのが通例です。そうすることで、次のレポート期間の開始時に現金引き出しが現金口座に戻されます。

超過額を保管するために使用する負債勘定には、次の2つのオプションがあります。

  1. 特別勘定。より理論的に正しいアプローチは、「引き落とされた小切手」や「現金を超えて支払われた小切手」など、自分の口座で引き落とされた金額を分離することです。ただし、これは口座残高が少ない可能性が高いため、総勘定元帳に余分な口座が散らかっています。

  2. 買掛金勘定。買掛金勘定に金額をドロップするだけです。そうした場合、買掛金詳細レポートはアカウントの合計残高と正確に一致しなくなります。ただし、エントリが自動的に取り消される限り、超過した金額がアカウントを長時間乱雑にすることはありません。このアプローチは、小切手が上書きされることがまれな場合に特に魅力的です。

この議論に基づいて、現金残高がゼロの会社の貸借対照表を見るときはいつでも、次の問題が発生すると考えるのが妥当です。

  • 同社は当座預金口座を引き落としたため、流動性、したがって継続企業として存続する能力について疑問が生じています。

  • 同社はサプライヤーとゲームをし、小切手が時間どおりに作成されたことを「証明」するために小切手を印刷し、銀行に拒否されないように十分な現金が得られるまで小切手を保持しています。

  • 同社は、これらの追加の支払いに資金を提供するために銀行との当座貸越契約に依存しています。これは、おそらく継続的な現金問題に苦しんでいることを意味します。