少額の株式配当の会計処理

株式配当とは、企業が普通株式を普通株主に無条件で発行することです。このタイプの配当金は通常、企業が通常の配当金を支払うのに十分な現金を持っていないが、それでも株主に支払いを行っているように見せたい場合に発行されます。これは、株主から配当を発行するよう圧力がかかっている場合に発生する可能性があります。

企業が以前に発行した株式数の合計の25%未満を配当として発行する場合、これは少額の株式配当と見なされます。発行が以前に発行された株式の大部分を対象としている場合は、その取引を株式分割として扱います。

株式配当がある場合は、利益剰余金から資本金および追加払込資本勘定に、発行された追加株式の公正価値に等しい金額を振り替える必要があります。発行された追加株式の公正価値は、配当宣言後の市場価値に基づいています。この取引の効果の1つは、発行された追加株式の額面だけ、資本金(資本金勘定)の金額が増加することです。この金額は、配当として株主に発行することはできなくなりました。

株式配当は資産を減らさないため、負債として扱われることはありません。

小株配当の例

フレデリックエンジニアリングは、株主に10,000株の株式配当を宣言します。株式の公正価値は5.00ドルで、額面価格は1.00ドルです。フレデリックは次の仕訳を記録します。