偶発的なサンプリング

偶発的サンプリングは、監査人がサンプルを選択するために体系的なアプローチを採用することを意図していないサンプリング方法です。本質的に統計的ではありませんが、その意図は、監査人が母集団を代表することを意図している、意識的なバイアスなしにアイテムを選択することによってランダムな選択を概算することです。監査人はアクセスしやすいアイテムを選択したくなるかもしれないので、バイアスがこのタイプの選択に入らないようにするのは難しいかもしれません。したがって、無計画なサンプリングの結果は、ある程度の懐疑的な見方をする必要があります。このアプローチは、ランダムサンプリングの信頼できる代替手段と見なされるべきではありません。