プラント資産の定義

プラント資産は、鋳造所、工場、ワークショップなどの産業プロセスで使用される資産のグループです。これらの資産は、固定資産分類のサブセットであり、車両、事務機器、無形資産などの他の資産タイプが含まれます。プラント資産は、固定資産の通常の基準を満たしています。つまり、初期コストは企業の資本制限を超えており、少なくとも1年間は使用されると予想されます。また、定期的に減損のレビューを行う必要があります。この分類はめったに使用されず、建物や設備などの他の資産分類に取って代わられました。

プラント資産は、耐用年数にわたって減価償却されます。唯一の例外は土地であり、減価償却することはできません。