サンプリングリスク

サンプリングリスクとは、サンプルで選択された項目が、テスト対象の母集団を真に表していない可能性です。監査人には母集団全体を調べる時間がなく、サンプルに頼らなければならないため、これは大きな問題です。サンプリングリスクから発生する可能性のあるエラーの1つは、監査人が母集団の問題が予想よりも少ないと誤って結論付け、それが誤った監査意見につながる可能性があることです。または、監査人が予想よりも多くの問題があると誤って結論付けたため、サンプルサイズを拡大して、これが実際に当てはまるかどうかを確認します。これは、彼の時間の有効活用ではありません。