コンプライアンステスト

コンプライアンステストは、組織が特定の領域で独自のポリシーと手順に従っているかどうかを判断する監査です。監査人は、監査の一環としてレビューされている証拠が有効であることを保証するために、コンプライアンステストを実施します。コンプライアンステストでポリシーと手順が適切に機能していることが明らかになった場合、監査人は、そうでなければ使用される分析レビューと検証手順の量を減らすことができます。コンプライアンステストで一般的に使用されるアクティビティは次のとおりです。

  • 従業員に職務について尋ねる

  • 職務遂行における従業員の観察

  • 手順に従っているかどうかを確認するためのドキュメントの確認