補償された欠勤会計

補償不在会計-概要

補償された欠勤とは、従業員の有給休暇であり、病気休暇、休日、休暇、陪審義務などの状況で発生する可能性があります。補償された欠勤を説明するために、それらが同じ期間内に獲得および使用されたときにそれらを個別に認識する必要はありません。これは通常、一般的な補償費用に組み込まれるためです。ただし、それらは費用として請求され、それらが獲得され、それらの使用が後の期間に延期されたときに負債として記録されなければなりません。

雇用主は、以下のすべての条件が満たされた場合に限り、将来の欠勤に対して従業員に支払われる補償された欠勤に対して責任を負う必要があります。

  • 将来の欠勤の支払い義務は、すでに提供されている従業員サービスに基づいています

  • 義務の額は合理的に見積もることができます

  • 支払いの可能性があります

  • 義務は、権利が確定または蓄積される従業員の権利に対するものです

見越額を計算するときは、予想される失権の額を考慮に入れることができます。また、従業員が報酬を獲得した年の見越額を記録する必要があります。陪審員の義務補償の場合のように、予想される補償された欠席に関連する費用が重要でない場合、事前に費用を発生させる必要はありません。代わりに、これらの費用は発生時に費用として請求され、損益計算書に顕著な影響を与えることはありません。

補償された欠勤に権利が確定しない権利があり、権利が獲得された年の終わりに権利が失効する場合、従業員に関連する支払いがない可能性があるため、将来の欠勤に対する責任を負う必要はありません。

補償欠勤会計-例

例1:Hostetler Corporationの有給休暇ポリシーは、会社での2年目の初めに2週間の有給休暇の既得権を従業員に付与することです。権利確定が発生する日の前のいずれかの時点で解雇または退職した場合、Hostetlerは休暇時間のいかなる部分についても補償しません。

雇用の最初の年に権利確定がないにもかかわらず、休暇の発生は基本的に最初の年に従業員によって獲得されるので、Hostetlerは最初の年に関連する報酬費用を発生させる必要があります。

例2:Hostetler Corporationは、積極的な兵役を求められた場合、および兵役の全期間にわたって、従業員に通常の報酬の50%を支払います。しかし、彼らが義務を求められていない場合、給付は失効します。権利が失効するので、Hostetlerはこのタイプの補償された欠席に対して発生するべきではありません。