減価償却累計額

減価償却累計額は、固定資産が取得されて使用可能になってから費用として請求された固定資産の減価償却費の合計です。減価償却累計額は、貸方残高のある資産勘定(対資産勘定とも呼ばれます)です。これは、報告された固定資産の総額からの減少として貸借対照表に表示されることを意味します。

資産に対して減価償却費が引き続き請求されるため、資産の減価償却累計額は時間の経過とともに増加します。資産の元のコストは総コストと呼ばれ、資産の元のコストから減価償却累計額と減損額を差し引いたものは、正味原価または帳簿価額と呼ばれます。

加速償却方法を使用する場合、累積減価償却勘定の残高はより迅速に増加します。これは、加速償却方法を使用すると、資産の初期の使用期間中に費用がかかるためです。

資産が最終的に除却または売却されると、その資産に関連する減価償却累計額は、資産の元のコストと同様に取り消されるため、会社の貸借対照表から資産のすべての記録が削除されます。この認識の中止が完了しなかった場合、企業は徐々に大量の固定資産総額と減価償却累計額を貸借対照表に積み上げることになります。

減価償却累計額の計算は、固定資産の取得日から処分日までの減価償却計算を実行するだけの簡単な問題です。ただし、資産の存続期間にわたって総勘定元帳に記録された減価償却額の計算をスポットチェックして、基礎となる減価償却トランザクションの記録に同じ計算が使用されたことを確認すると便利です。

たとえば、ABC Internationalはマシンを$ 100,000で購入し、それをMachinery固定資産勘定に記録します。ABCは、このマシンの耐用年数は10年であり、残存価値がないと見積もっているため、10年間の減価償却費として年間10,000ドルを請求します。減価償却累計額への貸方を示す年次エントリは次のとおりです。