寄贈株

寄付された株式は、慈善団体に寄付された企業の株式です。その後、寄付者は、寄付日の株式の公正価値の金額を税額控除することができますが、少なくとも1年間保有されている株式に対してのみです。公開会社の株式の公正市場価値は簡単に決定されます。寄付日の株価の高値と安値の平均を使用します。株式が非公開会社のものである場合、評価または合理的な評価方法のいずれかが必要です。

株式の保有期間が1年未満の場合、控除額は株式の原価基準またはその公正市場価値のいずれか低い方になります。

株主は、株式を売却してその結果得られた現金を慈善団体に寄付するのではなく、株式を寄付する金銭的インセンティブを持っています。その理由は、株主が直接株式を寄付する際にキャピタルゲイン税を支払うことを避けるためです。