フルコスト方式

フルコスト法は、石油・ガス業界で使用されている原価計算法です。この方法では、すべての資産の取得、探査、および開発のコストが集計され、全国的なコストプールに資産計上されます。この大文字化は、井戸が成功したと見なされるかどうかに関係なく発生します。

これらの費用は、実証済みの石油およびガスの埋蔵量に基づいて、生産単位システムを使用して費用として請求されます。推定埋蔵量の減少または問題の商品の市場価格の下落のいずれかにより、プロジェクトからの予想キャッシュフローの流れが減少すると予想される場合、そのプロジェクトに関連する全コストプールが損なわれる可能性があります。その場合、減損額は一度に費用として請求されます。

フルコスト方式では、前述の要因により予想されるキャッシュフローの減少が生じる場合は常に、企業は多額の非現金費用の影響を受けやすくなります。非常に多くの費用の費用認識が将来の日付まで延期されているため、減損が発生するまで、報告された利益レベルは異常に高いように見える可能性があります。定期的な減損レビューの必要性も、この方法に関連する会計コストを増加させます。

より保守的なアプローチは、成功した努力の方法であり、この方法では、坑井が成功したとみなされた場合にのみ探鉱費用が資産計上されます。井戸が成功したと見なされない場合、関連する費用は費用として請求されます。減損の対象となる可能性のある資産計上された費用は全額法よりも小さいため、成功した努力方法が多額の非現金費用をもたらす可能性は低い。

これらの方法はいずれも、企業の諸経費または継続的な生産活動のコストを活用しません。