垂直分析

垂直分析の概要

垂直分析は、財務諸表の比例分析であり、財務諸表の各項目が別の項目のパーセンテージとしてリストされます。つまり、損益計算書のすべての項目は総売上高のパーセンテージとして示され、貸借対照表のすべての項目は総資産のパーセンテージとして示されます。

垂直分析の最も一般的な使用法は、単一のレポート期間の財務諸表内であるため、勘定残高の相対的な比率を確認できます。垂直分析は、5年間の比較ベースなど、時間の経過に伴うアカウントの相対的な変化を確認する傾向分析にも役立ちます。たとえば、過去4年間の売上原価が売上高の40%であった場合、48%という新しい割合が警告の原因になります。

損益計算書の垂直分析

損益計算書での垂直分析の最も一般的な使用法は、さまざまな経費明細を売上のパーセンテージとして表示することですが、総売上を構成するさまざまな収益明細のパーセンテージを表示するためにも使用できます。損益計算書の垂直分析の例は、次の要約損益計算書の右端の列に示されています。