標準労働率

標準労働率の概念には、次の2つの定義があります。

  • 原価基準。これは、製品の製造またはサービスの提供に適用される全額負担の人件費です。この情報は、販売から得られる利益を決定するために使用されます。これには、該当するすべてのコストが含まれていることを前提としています。この人件費は、標準原価計算システムで在庫を終了するコストと売上原価を計算するためにも使用されます。

  • 価格ベース。これは、提供されたサービスに対して顧客に請求される1時間あたりの価格です。この価格は、標準の利益率、プロバイダーの人件費、およびすべての人件費(給付金など)で構成されます。この情報は、サービスの請求や、長期的な製品価格の設定に使用されます。逆に、企業は、基礎となるコストにまったく基づいていない標準的な労働率を作成し、代わりに市場が受け入れる率に焦点を当てることができます。

どちらの場合も、関連する仕事に従事していると推定される従業員の一般的なスキルセットに基づいた、いくつかの標準的な労働率が存在する可能性があります。標準労働率が1つしかない場合は、関連する仕事に従事する可能性が最も高い従業員の全負担労働コストの加重平均に基づく必要があります。

標準労働率を導き出すために必要な情報は次のとおりです。

  • 1時間あたりの従業員の賃金率

  • 1時間あたりのシフト差給

  • 予想される残業レベル

  • 生産されたユニットあたりの予想ピースレートペイ

  • 1時間あたりの給付費用(医療保険や歯科保険など)

  • 1時間あたりの給与に関連する給与税の割合