直接材料

直接材料とは、製品の製造中に消費され、その製品で直接識別される材料および消耗品です。直接材料として指定されたアイテムは、通常、製品の部品表ファイルにリストされています。部品表には、製品で使用されるすべての材料の単位数量と標準原価が明細化されており、間接費の割り当ても含まれる場合があります。

直接材料の概念には、製造プロセス中に発生したスクラップや腐敗が含まれます。スクラップとは、製品の製造後に残っている余分な使用できない材料です。腐敗とは、破損した商品です。

直接材料には、ビジネスの一般間接費の一部として消費される材料は含まれません。たとえば、製造施設の換気システムで使用されるエアフィルターは直接材料ではありません。代わりに、製造オーバーヘッドに含まれます。逆に、販売される家具を構成するために使用される木材は、直接材料として分類されます。

直接材料は、次の2つの差異を使用して測定されます。

  • 材料歩留まりの差異。これは、実際に使用された材料の量と予想される標準的な使用量の差に、材料の標準的なコストを掛けたものです。

  • 購入価格の差異。これは、アイテムを購入するために支払われた実際の価格とその標準価格の差に、実際に購入されたユニット数を掛けたものです。

直接材料はスループット分析の重要な概念であり、スループットは製品の販売によって生み出される収益から、すべての完全に変動するコストを差し引いたものです。ほとんどの場合、製品に関連する完全に変動するコストは、その直接材料だけです。ほとんどの場合、直接労働は完全に変動するわけではないため、通常、スループットの計算には含まれません。

直接材料費も、貢献利益分析に含まれる数少ない項目の1つです。