資本維持の定義

資本維持の概念は、企業が会計期間中に少なくとも純資産の金額を維持しない限り、利益は認識されるべきではないと述べています。別の言い方をすれば、これは本質的に利益が期間中の純資産の増加であることを意味します。この概念では、純資産に影響を与える次のキャッシュインフローとキャッシュアウトフローは除外されています。

  • 株主への株式売却による資産の増加(現金の増加)

  • 株主への配当金等の分配による資産の減少(現金の減少)

原資産の量が変わらなくても、インフレ圧力は必然的に純資産を増加させるため、資本維持の概念はインフレによって歪められる可能性があります。したがって、資本維持が行われたかどうかを確認するために、インフレの影響について純資産を調整する方が正確です。この問題は、企業が超インフレ環境で運営されている場合に特に重要です。

技術的には、資本維持の概念は、会計期間中に生み出される利益を決定する前に、純資産の金額の変更を確認する必要があることを意味します。実用的な観点からは、これが行われることはめったにありません。コントローラーは単に利益額を計算し、資本維持の概念への準拠を確認しません。

資本維持の考え方は、会計期間中の勘定残高の正味の変化に関係しています。企業が所有または運営する実際の物理的機器の適切なメンテナンスには関係ありません。

この概念は、非営利組織にとってより深刻な影響を与える可能性があります。州法またはドナー協定は、基金の残高が失われないことを要求する場合があります。つまり、投資された資金の収益がマイナスの期間に、基金の残高を他のソースから補充する必要があります。これは、運用上のニーズに利用できる資金の量の急激な減少を引き起こす可能性があります。