誤って受け入れられるリスク

誤って受け入れられるリスクは、監査サンプルの結果が、実際にはそうではないのに、口座残高が正しいという結論を裏付ける状況です。代わりに、口座残高は実質的に正しくありません。その結果、テストを実施する監査人がクライアントの財務諸表に関して誤った意見を出す可能性があります。さまざまな監査テストで使用されるサンプルのサイズを大きくすることで、誤って受け入れられるリスクを減らすことができます。