割引債の定義

割引債は、当初額面未満で販売された債券です。あるいは、現在、額面価格を下回る価格で取引されている可能性があります。状況に応じて、割引債は投資家の売買の機会を表すことができます。債券は、次のいずれかの理由により、額面価格よりも割引価格で販売されます。

  • 金利差。現在の市場金利は発行者が支払う金利よりも高いため、投資家は投資に対してより高い実効金利を引き出すために債券に支払う金額を少なくします。

  • デフォルトリスク。投資家は、発行者が発行した債券を償還しないリスクがあると認識しているため、デフォルトのリスクを回避するために、債券を割引価格で販売する用意があります。

  • 信用格付けの引き下げ。信用格付け機関が発行体の信用格付けを引き下げると、流通市場で投資家による大量の売りが引き起こされ、債券の価格が下がる可能性があります。これは、前述のデフォルトのリスクコメントと同様の問題です。

発行者が支払う金利が市場金利よりもはるかに低い場合、債券は額面価格に対して大幅な割引で売却される可能性があります。発行者がゼロクーポン債を販売する場合、割引は特に深くなります。投資家は、実効金利を獲得するために割引のサイズに依存する必要があります(発行者は利息を支払っていないため)。これらの場合、投資家は、債券が最終的に償還されたときに実質的なキャピタルゲインを実現する機会があります。発行者は常に債券の額面を返済するため、割引債は償還日が近づくにつれて徐々に価格が上昇します。つまり、額面からの割引で債券が返済されることはありません。

投資家は、高金利を得るためではなく、発行者を管理するために、流通市場で売られている債券を割引価格で購入することができます。この状況は、発行者が財政難に陥っているときに発生する可能性があるため、その債券は非常に低価格で販売されているため、投資家は最小限の投資で大量の分配金を購入できます。この変動は、債券が会社の普通株式に転換可能である場合に特に発生する可能性があり、投資家は発行者の株式を低価格で取得する目的で債券を購入できます。