長期デットエクイティレシオ

長期負債資本比率は、企業が受けたレバレッジを決定するために使用される方法です。比率を算出するには、企業の長期債務を普通株式と優先株式の合計額で割ります。式は次のとおりです。

長期債務÷(普通株式+優先株式)=長期債務対資本比率

比率が比較的高い場合は、キャッシュフローが減少した場合、債務の支払利息を支払うことができない可能性があるため、企業が破産するリスクが高いことを意味します。これは、金利が上昇している期間、事業のキャッシュフローが大きく変動する場合、または企業が債務を返済するために利用できる現金準備が比較的少ない場合に、より問題になります。

この比率は、ビジネスのレバレッジレベルを競合他社のレバレッジレベルと比較して、レバレッジレベルが妥当かどうかを確認するために使用されることがあります。

標準の負債/資本比率は、すべての短期負債も含まれるため、ビジネスの財務的実行可能性のより信頼性の高い指標になります。これは特に、組織が来年中に返済期限が到来する大量の負債を抱えている場合に当てはまります。これは、長期の負債資本比率には表示されません。