スタッフ会計速報

スタッフ会計報告(SAB)は、一般に公正妥当と認められた会計原則(GAAP)がどのように適用されるかに関する証券取引委員会のスタッフの見解を要約しています。一般的な結果として、SABの要件は、それらが派生したGAAPよりも保守的および/または制限的です。

SABに記載されている見解は、上場企業の提出書類を検討する際に、主任会計士事務所および企業財務部門のスタッフが従います。このため、SABは、米国内で証券を登録する事業体によって厳守されています。公開会社がこれらの会報の概念を財務諸表および開示に組み込んでいない場合、SECからコメントレターを受け取る可能性があります。

SABの情報は、非公開組織または米国外の証券取引所に証券が登録されている組織には適用されません。

スタッフ会計速報は、比較的長い間隔でSECによって発行されます。現在のすべてのSABの全文は、証券取引委員会のWebサイトに掲載されています。