鉄のカーテン方式

鉄のカーテン法は、財務上の虚偽表示が重要であるかどうかを判断するための手法です。この方法では、当期の虚偽表示の影響だけでなく、貸借対照表の虚偽表示の累積的影響が考慮されます。これにより、虚偽表示の大部分が重要と見なされる傾向があり、財務諸表の修正が必要になります。

たとえば、会計士は5年前に高価な固定資産の減価償却計算を誤って設定しました。このエラーの年間影響は10,000ドルであり、重要ではありません。ただし、鉄のカーテン方式では、エラーの累積$ 50,000の影響を考慮すると、エラー重大です。この場合、財務諸表の修正が示されます。

鉄のカーテン法は、当期の累積エラーがより多く認識されるため、当年度の費用を過大評価する傾向があります。

この方法で評価を行う際には、損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書、または付随する開示を含む財務諸表のいずれかの部分に重大な影響があるかどうかを必ず考慮してください。財務諸表のどこかに重大な影響があることは、言い換えの適切な根拠です。

修正された財務諸表が発行された場合、発行者は、エラーの性質と、影響を受ける各財務諸表の項目に対するエラーの定量的影響についての議論を含める必要があります。