普通株

普通株式は、株主総会での議決権と配当金の受け取りを可能にする企業の所有株式です。会社が清算した場合、すべての債権者と優先株主が支払われた後、普通株主は清算の収益の彼らの分け前を受け取ります。この低水準の清算選好は、投資家が財政難に陥っている事業の普通株を所有している場合、資金を失う危険性をもたらす可能性があります。ただし、事業の収益性が高い場合、ほとんどの利益は普通株主にもたらされます。

多くの州では、法律により、普通株式の各株式に額面価格を割り当てることが義務付けられています。額面価格は、技術的には、それを下回ると株式を売却できない法定価格です。実際には、額面価格は通常、可能な限り最小限に設定されており、一部の州の設立法では義務付けられていません。したがって、ほとんどの場合、額面価格は関係ありません。

企業が認識する普通株式の金額は、会社の貸借対照表の資本セクションに記載されています。事業が記録する普通株式の金額は、普通株式勘定と追加の払込資本勘定の間で分割されます。記録された合計は、会社が投資家に株式を売却した価格と一致します。