運転資本の計算方法

運転資本は、流動資産から流動負債を差し引いて計算されます。これは、ビジネスの全体的な流動性を見積もるためにいくつかの比率で使用されます。つまり、期日までに義務を果たす能力。大まかに言えば、運転資本の計算は次のとおりです。

流動資産-流動負債=運転資本

追加の会計取引が会計システムに記録されるため、運転資本の数値は毎日変化する可能性があります。基本式に対する次の拡張機能を検討することにより、計算を大幅に改善できます。

  • 配当金および自社株買いのための現金。取締役会が配当を発行したり株式を買い戻したりするという特定のコミットメントがあった場合、現金は流動負債の支払いに実際に利用できないため、これらの負債を現金残高から除外することは理にかなっています。

  • 非売掛金。企業は従業員へのローンに多額の投資をしている可能性があり、そのために返済期間が長くなる可能性があります。その場合、これらの債権は流動資産とは見なされないため、計算から除外する必要があります。

  • 廃止された在庫。特定の在庫品目を現金に変換することは非常に困難な場合があります。特に、在庫が古すぎて陳腐化したと見なされる場合はなおさらです。このような場合、急いで販売することで在庫から抽出できる現金の金額のみを計算に含める方が理にかなっています。

  • 再生可能債務。会社が支払い期日になると定期的に短期債務を繰り越している場合、これは本当に流動負債ですか?この負債は運転資本の計算から除外されるべきであるという議論をすることができます。

これらの追加の考慮事項を考慮すると、当初は運転資本の単純な計算であると思われるものを大幅に変更する必要がある場合があります。たとえば、ABC Internationalには、100,000ドルの現金、500,000ドルの売掛金、1,000,000ドルの在庫、および200,000ドルの買掛金があります。単純化した形式では、これは運転資本の計算が次のようになることを意味します。

$ 100,000現金+ $ 500,000売掛金+ $ 1,000,000在庫-$ 200,000買掛金

= $ 1,400,000運転資本

ただし、取締役会は、負債が記録されていない40,000ドルの自社株買いを約束しました。また、売掛金の数値には20,000ドルの管理ローンがあり、200,000ドルの在庫は廃止される可能性があります。これらの追加の考慮事項を考慮すると、実際の運転資本の計算は次のとおりです。

調整前の1,400,000ドルの運転資本

-40,000株の買い戻し

-20,000件の管理ローン

-200,000の廃止された在庫

= $ 1,140,​​000調整済み運転資本