未収金

未収金とは、企業が収益を上げているが、顧客に請求書を発行していない売掛金または非売掛金です。未収金は通常、次のいずれかのシナリオで作成されます。

  • マイルストーン。顧客との契約でマイルストーンに到達しました。会社は特定の事前定義された金額を明確に受け取る権利がありますが、契約条件ではまだ請求書を発行できません。または

  • サービス。顧客との契約では、顧客は特定の作業成果物ではなく、労働時間に対して会社に支払うと定められています。たとえば、10時間の作業があり、最終的には1時間あたり80ドルのレートで請求されるため、売掛金は800ドルで発生します。

未収売掛金を作成する仕訳は、売掛金勘定への借方であり、収益勘定への貸方です。これらの取引を明確に示すために、メインの売掛金勘定を使用するのではなく、未収債権に対して一意の総勘定元帳勘定を作成すると便利な場合があります。さらに、これらの仕訳入力を設定して、次の会計期間で自動的に元に戻します。次に、次の期間の見越額を実際の請求書に置き換えます(次の期間に請求イベントがあると仮定します)。次の期間に請求書を作成できない場合は、最終的に請求書を発行できるようになるまで、すべての期間の収益と未収金を累積的に発生させて取り消すことができます。

たとえば、ABC Internationalはダムを設置するプロジェクトのマイルストーンを完了しましたが、契約では四半期に1回以上の頻度で請求書を発行することは許可されていません。したがって、1月末に収益と50,000ドルの売掛金が発生します。仕訳入力は2月の初めに自動的に逆になります。その後、ABCは2月の次のプロジェクトマイルストーンでさらに30,000ドルを獲得しますが、契約上、請求書を発行することはできません。したがって、2月には収益と80,000ドルの売掛金が発生します。仕訳入力は3月の初めに自動的に逆になります。その後、ABCは、3月の次のプロジェクトマイルストーンでさらに70,000ドルを獲得します。 3月末に四半期ごとの請求書を発行することが許可されているため、$ 150,000の請求書を発行します。見越額を使用することにより、ABCは50ドルを認識しました。顧客に請求書を発行するときに3月に15万ドルすべてを認識するのではなく、1月に000ドル、2月に30,000ドル、3月に70,000ドルの収益と売掛金。

未収金の金額を会社に支払うという顧客の明確な義務があることを監査人に正当化できない場合は、未収金を記録しないでください。さもなければ、顧客が明確な支払い義務を負うまでに事業がまだ到達していないという推定があります。未収債権を使用する場合は、監査人がその正当性に特に注意を払うことを期待してください。たとえば、企業が固定料金契約に基づいてサービスを提供している場合は売掛金を発生させず、プロジェクト全体が完了して顧客によって承認された場合にのみ収益を上げます。完了前に実際に収益が得られていないため、その時点より前に発生することはありません。