トップダウン見積もり

トップダウン見積もりは、通常、詳細なコスト分析なしで、会社の経営陣がプロジェクトにコストや期間を課すときに発生します。見積もりプロセスは、経験豊富なマネージャーのグループの意見に基づいており、外部の専門家によって補足される可能性があります。これらの見積もりは、それらをサポートする詳細な分析がないため、不正確になる傾向があります。代わりに、会社が過去に経験した1平方フィートあたりの平均コストなどの一般的な比率から導き出されます。または、会社が過去に完了した同様のプロジェクトの実際の情報から見積もりをコピーして、検討中のプロジェクトの固有の側面を調整することもできます。

より良いアプローチは、プロジェクトに関連して最も経験のある人々によって行われた、ワークパッケージレベルでのプロジェクトの注意深い分析を採用するボトムアップ見積もりです。

その不正確さにもかかわらず、トップダウンの見積もりが頻繁に使用されます。通常、プロジェクトの開始時に詳細がまだ調査されています。時間の経過とともに、より詳細なボトムアップの見積もりが元のトップダウンの見積もりに置き換わります。