証券会計

有価証券の会計処理は、各有価証券の分類によって異なります。以下のセクションでは、売却可能、満期保有、および有価証券の取引に使用される個別の会計処理について説明します。

有価証券会計で販売可能

売却可能有価証券に分類される負債証券または株式証券に企業が投資した場合、および株式証券の公正価値が容易に決定できる場合、会社はその公正価値を会計記録に記録する必要があります。さらに、未実現の保有損益を純損益から除外し、代わりに、実現するまで(つまり、有価証券を売却することにより)その他の包括利益に記録します。

企業が売却可能有価証券を公正価値ヘッジでヘッジしている場合、関連する保有損益は、ヘッジが有効である期間中に純損益に認識されるべきである。

たとえば、Hilltop Corporationは35,000ドルの株式を購入し、それを売却可能として分類します。1か月後、証券の市場価格は投資価値を33,000ドルに減らします。2か月目には、市場価格の変化により投資額が36,000ドルに増加し、その後ヒルトップが証券を売却します。Hilltopは、1か月後の価値の下落を記録するために、次の仕訳を作成します。