営業活動によるキャッシュフロー比率

営業活動によるキャッシュフロー比率は、事業の中核事業によって生み出され、使用される資金を測定します。これは、企業が短期負債を支払う能力を評価するために使用されます。営業活動によるキャッシュフロー比率の計算では、最初に営業活動によるキャッシュフローの導出が必要であり、次の計算が必要です。

+事業からの収入

+非現金費用

-非現金収入

=営業活動によるキャッシュフロー

現金以外の収益の例としては、数か月にわたって提供されるサービスの前払いなど、時間の経過とともに認識される繰延収益があります。

営業活動によるキャッシュフローが導き出されたら、それを企業の純利益合計で割ります。計算は次のとおりです。

営業活動によるキャッシュフロー÷純利益=営業活動によるキャッシュフロー比率

付随的活動によるキャッシュフローは、この計算から除外されています。補助的キャッシュフローが営業キャッシュフローに含まれる場合、企業はコア活動をサポートするために非コア活動に依存していることを意味します。理想的には、比率は1:1にかなり近いはずです。比率がはるかに小さいということは、企業がコア運用機能以外のソースからキャッシュフローの多くを引き出していることを示しています。

営業活動によるキャッシュフロー比率の例

ブリッツコミュニケーションズは最近、新規株式公開を通じて5,000万ドルを調達し、投資のすべての現金を即座に保留しました。次の四半期に、同社の純利益は$ 400,000から$ 900,000に増加しました。さらに調査すると、営業活動によるキャッシュフローは次のようになります。