製品返品の予約

企業は、商品の販売に関連する返品権がある場合に、商品の返品のための準備金を作成する必要があります。以下の状況では、将来の製品返品の合理的な見積もりを導き出すことができない場合があります。

  • 需要の変化。技術の陳腐化やその他の要因に応じて、需要レベルが変化する可能性があります。

  • 事前情報はありません。同社は、問題の商品の販売に関する歴史的な経験をほとんどまたはまったく持っていません。

  • 長い確率。顧客は会社に商品を返品するために長い期間を与えられます。

  • 最小限の均質性。過去には、返品履歴を導き出すことができる同種の取引はありませんでした。

証券取引委員会(SEC)は、企業が製品の返品の見積もりを確実に作成することを妨げる可能性のある他の要因を作成しました。これらの要因は次のとおりです。

  • 同社の流通経路には大量の在庫があります。

  • 現在市場に出回っている競合製品には、より優れた技術が含まれているか、市場シェアを獲得することが期待されています。

  • 同社の事業の多くは、単一の販売業者との取引です。

  • 問題の製品は新品であり、返品の履歴はありません。

  • 同社は、流通業者が保有する在庫の量、または流通業者が顧客に販売している数量をほとんど把握していません。

  • SECはまた、会社が販売する製品の市場需要に影響を与える他の問題があり、それが製品返品の引当金の見積りを妨げる可能性があることにも留意しています。

上記の要因のいずれかが、製品の返品額を見積もる企業の能力を妨げる場合、顧客が製品を返品する能力が期限切れになるまで、関連する収益を認識してはなりません。 SECはまた、返品の最大見積りから導き出される製品返品の準備金を作成することは許容できるとは考えていません。 SECからのこのアドバイスは、公開企業にのみ適用されます。