半固定費の定義

半固定原価は、固定要素と可変要素の両方を含む原価です。その結果、発生する最小コストレベルはゼロより大きくなります。特定のアクティビティレベルを超えると、コストの変動要素がトリガーされているため、コストは基本レベルを超えて増加し始めます。半固定費の例として、企業は生産ラインの最小限の運用を維持するために、機械の減価償却、人員配置、および施設の賃貸料の形で一定の金額を支払う必要があります。生産量が一定量を超える場合、会社は追加のスタッフを雇うか、残業代を支払う必要があります。これは、生産ラインの半固定費の変動要素です。

半固定費のもう1つの例は、有給の営業担当者です。この人は、固定額の報酬(給与の形で)と変動額(コ​​ミッションの形で)を獲得します。合計すると、営業担当者のコストは半固定です。

3番目の例は、携帯電話の月額料金です。この場合、受信者は電話の使用に対して固定料金を支払い、ユーザーが特定のデータ使用量、通話、またはテキストを超えた場合は変動料金を支払います。

半固定として分類される原価は、そのように分類されるために一定の割合の固定費または変動費を含む必要はありません。代わりに、2つのコストタイプの材料の組み合わせは、コストを半固定として認定します。

半固定費もステップコストになる傾向があります。つまり、特定のアクティビティしきい値を超えるまでコストは同じままで、その後コストが増加します。同じアプローチが逆に機能し、アクティビティレベルが特定の量を下回ると、コストの変動要素が排除されます。