フルコスト

完全原価計算は、何かの完全および全体の原価を決定するために使用されます。この概念は、在庫の全コストを財務諸表に記録するために最も一般的に使用されます。このタイプの原価計算は、一般に認められた会計原則や国際財務報告基準などのいくつかの会計フレームワークの下での財務報告、および所得税報告に必要です。

完全原価計算の背後にある基本的な概念は、すべての変動費を原価対象に割り当てることと、間接費を割り当てることです。原価対象とは、顧客、製品、サービス、店舗、地理的地域、製品ラインなど、原価情報が収集されるすべてのものです。したがって、全原価計算で割り当てられる原価には次のものが含まれます。

  • 直接材料

  • 直接労働

  • 手数料

  • 割り当てられた可変オーバーヘッド

  • 割り当てられた固定オーバーヘッド

管理者は(直接原価計算のように)何かの増分原価、または(スループット分析のように)原価対象が使用するボトルネック容量の量を必要とする可能性が高いため、完全原価計算は実用的な観点からはあまり役に立ちません。フルコストで発生する問題は次のとおりです。

  • 価格設定。営業部門が製品の全コストを超える価格を設定する必要がある場合、特に会社に過剰な容量があり、直接のコストレベルをわずかに超える価格を現実的に設定できる増分価格設定の状況では、結果として生じる価格が異常に高くなる可能性があります。これは、競合他社が直接コストのみに基づいて価格を設定している場合に特に問題となり、その結果、価格が大幅に低下します。

  • 詐欺。誰かが生産の大幅な増加を承認し、全原価計算を使用して、在庫に保管されるユニットに間接費を割り当て、それによって間接費の認識を将来の期間に効果的にシフトすることができます。これは、短期的な利益を生み出すために使用されます。

  • 割り当ての問題。定義上、間接費を原価対象に確実に割り当てることはできません。そうでなければ、それらは直接費用になります。したがって、間接費配賦方法では、保証されていない原価対象に原価を配賦する場合があります。この問題は、より正確な形式の原価配分である活動基準原価計算を使用することで軽減できます。

完全原価計算は、特定の原価対象への多くのタイプの原価の追跡を伴うため、より時間のかかる会計機能の1つです。一貫してそうすることは、通常、フルタイムの原価計算士のサービスを必要とします。一部の企業は、精度はやや劣りますが、割り当て作業の量を最小限に抑える、より合理化されたコスト割り当て方法を使用することを好みます。

関連用語

吸収原価計算とも呼ばれる完全原価計算。