サービス収益認識

企業が顧客にサービスを販売している場合、結果として生じる収益を認識するために、次のいずれかの方法を使用する必要があります。選択する方法は、以下に示すように、実行するサービスのタイプに基づいている必要があります。

  1. 収集方法。サービス提供者に支払いが行われるかどうかについてかなりの不確実性がある場合は、収集方法を使用してください。このアプローチでは、顧客から現金での支払いを受け取るまで収益を認識しないことが義務付けられています。これは最も保守的な収益認識方法です。

  2. 完成したパフォーマンスメソッド。一連のサービスが実行されているが、契約の完了が特定のアクティビティに依存している状況では、完了した実行方法を使用します。この方法では、一連のサービス全体が完了するまで収益を認識しません。たとえば、引っ越し業者は、会社の資産を箱詰め、輸送、および再配置するために雇われます。提供されるサービスはいくつかありますが、再展開は契約サービスの重要な部分であるため、このタスクが完了するまで収益を認識することは適切でない場合があります。

  3. 特定のパフォーマンス方法。顧客が単一の特定の活動の完了に対して支払う場合、その活動が完了したときに収益を認識します。たとえば、医師は特定のオフィス訪問に対して支払いを受けます。これは、サービスに使用される最も一般的なタイプの収益認識です。

  4. 比例パフォーマンス法。サービス契約の一環として同様の活動が多数完了した場合は、比例パフォーマンス法を使用して収益を認識します。この方法を使用するには2つの方法があります。まず、提供される各サービスが本質的に同一である場合、サービスイベントの推定数全体に比例して収益を認識します。次に、提供される各サービスが異なる場合は、消費されたコストの割合に基づいて収益を認識します。