会計方法の種類

会計方法とは何ですか?

会計方法は、収益と費用が財務諸表で報告される一連のルールです。会計方法の選択により、短期的に報告される利益の金額が異なる可能性があります。長期的には、会計方法の選択による収益性への影響は少なくなります。会計方法の選択に関連する税務上の影響もあります。

主な会計方法は、発生主義の会計と現金主義の会計です。発生主義では、収益は獲得時に認識され、費用は消費時に認識されます。発生主義会計は、公開企業、および財務諸表の監査を希望する組織に必要です。これは、最も理論的に正しい会計方法と考えられていますが、会計に関するより深い知識も必要であるため、小規模な組織で使用される可能性は低くなります。

他の主要な会計方法は、会計の現金主義です。現金主義では、顧客から現金を受け取ったときに収益を認識し、サプライヤーに現金を支払ったときに費用を認識します。この方法では、多額のキャッシュインフローまたはキャッシュアウトフローによって利益が大幅に変化する可能性があるため、特定の期間で収益性が低下する可能性が高くなります。

ハイブリッド会計方法と見なされる現金および発生主義の方法にもバリエーションがあります。これらは特別な状況下では許容される場合がありますが、通常、監査可能な財務諸表にはなりません。