返済された経費を収益として記録する

自己負担費用には、旅費、接待費、コピー代などが含まれます。顧客がこれらの費用をあなたに払い戻すことに同意した場合、あなたは払い戻された費用を収益として記録することができます。この問題に対処する基礎となるGAAP基準は、Emerging Issues Task Force(EITF)の問題番号01-14「発生した自己負担費用に対して受け取った償還の損益計算書の特性」です。 EITFは、支払いを収益として報告すると述べています。これを行う主な理由は、送料と手数料に対する顧客の支払いがすでに収益として扱われていることであり、これは基本的に同じ状況です。 EITFはまた、売り手ではなく買い手が支出の恩恵を受けているため、これは理にかなっていると述べました。また、売り手には信用リスクがあります。購入者から償還を受けるためそれが支出を支払った

そして、EITFに公平を期すために、彼らは「一方で」、会社がこれらの費用で利益を上げていないという点の1つを指摘しました。これは、収益ではなく費用の削減として扱う傾向があるということです。 。

この議論にはいくつかの穴があります。まず、収益を誇張する傾向があります。これは、製品を販売する会社にとっては取るに足らない金額かもしれませんが、顧客に自己負担費用を定期的に請求する専門サービス会社にとっては非常に大きな項目になる可能性があります。

私の2番目のポイントは理論的です。つまり、収益は、コンサルティングサービスの提供や製品の出荷など、会社の収益を生み出す活動を反映する必要があるということです。自己負担費用の払い戻しを受けること、収益を生み出す活動ではありません。それは単に、どちらかの事業体が前払いで費用を支払うことができた可能性があることを意味し、売り手がそうする方がたまたま便利でした。

したがって、買い手が会社のクレジットカードを売り手に渡し、売り手にカードを使用してこれらの自己負担費用をすべて支払うように指示する状況を考えてみます。これで、支出経路は完全に売り手に回り、買い手が支払います。売り手は費用も収益も記録しません。

自己負担の償還をどのように処理しても、売り手は利益の変化を記録しないため、これは何も議論していないように見えるかもしれません。影響を受けるのは収益と相殺費用の数値だけです。それにもかかわらず、それはビジネスが実際よりも大きいという印象を与えることができます。