中小企業の勘定科目表

中小企業は、会計取引を記録するために勘定科目表を必要とします。中小企業は、より専門的なアカウントを省略し、代わりに簡略化されたアカウントのチャートを使用できます。次の勘定科目のリストは、複式簿記システムの下で損益計算書と貸借対照表を編集するのに適切なはずです。ただし、ほとんどの場合、一部の業界では特別なアカウントが使用されており、以下のリストには記載されていないことに注意してください。基本的なアカウントは次のとおりです。

資産

  • 現金。すべての当座預金口座と普通預金口座の残高が含まれます。

  • 売掛金。すべての売掛金が含まれます。従業員への前払金など、他の種類の売掛金については、「その他の売掛金」勘定も必要になる場合があります。

  • 在庫。原材料、仕掛品、および完成品の在庫が含まれます。

  • 固定資産。機械、設備、土地、建物、家具など、複数の追加アカウントに細分化できます。

  • 減価償却累計額。通常、1つの勘定科目は、すべてのタイプの固定資産の減価償却累計額をまとめるために使用されます。

負債

  • 買掛金。サプライヤーに支払うべきすべての買掛金が含まれます。

  • 未払費用。賃金や税金など、すべての未払負債が含まれます。

  • 消費税の支払い。顧客に請求され、該当する地方自治体に送金されるすべての消費税が含まれます。

  • 支払手形。未払いのすべてのローンの残りの残高が含まれます。追跡の目的で、支払われるローンごとに個別のアカウントを作成する方が簡単な場合があります。

エクイティ(法人を想定)

  • 普通株。株主が株式に対して最初に支払った金額を含みます。

  • 利益剰余金。株主に分配されていない利益から事業に留保されたすべての現金を含みます。

収益

  • サービス収入。顧客へのサービス提供に関連するすべての売上高が含まれます。

  • 製品の収益。顧客への製品のすべての販売が含まれます。

  • 修理収入。修理工事による売上高および顧客へのスペアパーツの販売を含みます。

経費

  • 売上原価。これには、少なくとも販売されたアイテムの材料費が含まれ、より洗練されたレベルでは、直接労務費と割り当てられた工場のオーバーヘッドが含まれる場合があります。

  • 給与と賃金。売上原価にまだ含まれていないすべての給与と賃金の費用が含まれます。

  • 家賃。建物のスペース、車両、設備などの家賃が含まれます。

  • 光熱費。熱、電気、ブロードバンド、電話などの費用が含まれます。

  • 旅費および接待費。出張費、食事代、住居費、および会社の事業での従業員の出張中に発生した関連費用が含まれます。

  • 広告費。広告およびその他のマーケティング費用が含まれます。

  • 減価償却費。減価償却費を含みます。これは現金以外の費用です。

営業外の収益と費用

  • 利息収入。すべての投資ファンドの収入が含まれます。

  • 支払利息。会社が貸し手に負っている債務に対して支払われ、発生した利息を含みます。

  • 資産の売却益。資産の売却による利益を含みます。

  • 資産の売却による損失。資産の売却による損失を含みます。

このリストにアカウントを追加する必要があるかどうかを確認するには、企業の業界を理解しているCPAに相談することをお勧めします。ただし、一般的には、前述の勘定科目表は中小企業には十分なはずです。