原価配分

原価配賦は、原価を識別し、集計し、原価対象に割り当てるプロセスです。原価対象とは、個別に原価を測定するアクティビティまたはアイテムです。原価対象の例としては、製品、研究プロジェクト、顧客、販売地域、および部門があります。

コスト配分は、財務報告の目的で使用され、部門間または在庫品目間でコストを分散します。コスト配分は、部門または子会社レベルでの収益性の計算にも使用されます。これは、ボーナスまたは追加活動の資金調達の基礎として使用できます。原価配分は、子会社間の移転価格の導出にも使用できます。

コスト配分の例

アフリカボンゴコーポレーション(ABC)は、南アフリカの後背地で独自の発電所を運営しており、電力使用量に基づいて発電所のコストを6つの運営部門に割り当てています。

コスト配分方法

まさに「配分」という用語は、原価対象に原価を請求するために利用できる過度に正確な方法がないことを意味するため、配分エンティティはそれを行うために概算の方法を使用しています。したがって、平方フィート、人員、使用資産のコスト、または(例のように)電力使用量などの割り当て基準を使用して、コストを割り当てる基準を引き続き改善することができます。どちらのコスト配分方法を使用する場合でも、可能な限り公平な方法でコストを分散するか、コストオブジェクトの動作パターンに影響を与える方法でコストを分散することが目標です。したがって、人員に基づく割り当て方法により、部門マネージャーは人員を削減したり、機能をサードパーティにアウトソーシングしたりする可能性があります。

コスト配分と税金

企業は、高税地域にある部門に追加費用を請求する目的で、さまざまな部門に費用を割り当てることができます。これにより、これらの部門の報告可能な課税所得の額が最小限に抑えられます。このような場合、企業は通常、専門家の弁護士を雇用して、コスト配分に関する地方自治体の規制に準拠していることを確認します。

コストを割り当てない理由

費用を割り当てない完全に正当な理由は、受取人が管理できない費用を請求してはならないということです。したがって、上記のアフリカのボンゴコーポレーションの例では、6つの運営部門のいずれも発電所を管理していないという理由で、会社は発電所のコストを割り当てることを差し控えることができます。このような状況では、企業は、事業を行うための会社の全コストに未割り当てのコストを含めるだけです。部門によって生み出された利益は、未割り当てのコストの支払いに貢献します。