グループ減価償却

グループ減価償却は、いくつかの同様の固定資産を1つのグループにまとめる方法であり、減価償却計算のコストベースとしてまとめて使用されます。資産は、類似した特性を共有し、ほぼ同じ耐用年数を持っている場合にのみ、グループにまとめる必要があります。グループ減価償却の例としては、単一の資産として扱われる「デスクのグループ」や「トラックのグループ」があります。

グループの減価償却は定額法で計算する必要があります。グループの一部として記録された資産が除却されると、関連する資産原価と減価償却累計額が、それぞれグループの資産残高と減価償却累計額から削除されます。

グループ減価償却を使用すると、特に多数の資産が1つのグループに集約されている場合に、減価償却の計算に必要な時間を短縮できます。ただし、次の理由により、この方法はお勧めしません。

  • コンピューター化された減価償却。会計ソフトウェアを使用して減価償却の計算を自動化する場合、グループ減価償却を使用しても労力は節約されません。

  • 大文字の制限。多数の小額の支出項目をグループにまとめて固定資産として扱うことができますが、企業の資本制限を下回る個別の単位として扱われる場合は費用が請求されます。これは、グループ減価償却を使用すると、費用の認識を延期することにより、報告される収益性の金額を変更できることを意味します。その結果、利益が1回だけ増加し、その後、追加の減価償却が認識されるため、複数の期間にわたって利益が減少します。

  • 資産追跡。資産グループを構成するすべての資産を物理的に追跡することは難しい場合があります。

  • 廃棄。資産グループ内の資産の処分会計は、特に資産がどのグループに割り当てられているかが不明な場合、混乱を招く可能性があります。

  • グループの特徴。資産は、そのグループに使用されるより長い耐用年数またはより大きな残存価額の仮定を利用するために、間違った資産グループに不正に挿入される可能性があります(これにより、資産の費用認識が事実上遅れます)。

したがって、グループ減価償却は時折使用される場合がありますが、この概念が採用されることはめったにありません。