コストの枯渇

コスト枯渇は、生産されたユニットに天然資源抽出のコストを割り当てるための方法です。この概念は、費用として請求できる抽出コストの金額を決定するために使用されます。コストの枯渇には、次の手順が含まれます。

  1. リソースへの総投資額を決定します(炭鉱の購入など)。

  2. 抽出可能な資源の総量(利用可能な石炭のトンなど)を決定します。

  3. 使用された利用可能な合計量の割合に基づいて、リソースの各消費単位にコストを割り当てます。

コストの枯渇の代わりに、鉱物固有のパーセンテージに課税年度中に不動産によって生み出された総収入を掛けたパーセンテージの枯渇があります。この方法の使用には制限があります。たとえば、立木にはコストの枯渇を使用する必要があります。

コストの枯渇は減価償却に似ており、有形資産のコストは一定期間にわたって費用として比例的に請求されます。コストの枯渇と減価償却には、次の2つの重要な違いがあります。

  • コストの枯渇は天然資源にのみ使用できますが、減価償却はすべての有形資産に使用できます

  • コストの枯渇は使用レベルによって異なりますが、減価償却は固定の定期料金です