間取り

フロアプランは、在庫購入の資金を調達する方法であり、貸し手は、流通業者または小売業者によって注文された資産の支払いを行い、これらのアイテムの販売からの収益から返済されます。この配置は、自動車や家電製品などの大きな資産が関係する場合に最も一般的に使用されます。この取り決めでリスクにさらされている事業体は貸し手であり、返済のために原資産の売却に依存しています。したがって、貸し手は以下を要求する場合があります。

  • 間取り図に基づいて取得したすべての資産は、元の購入価格以上の価格で販売されます。

  • 在庫資産の在庫が定期的にカウントされ、貸し手の記録と照合されること。

  • 在庫数に不足がある場合は、貸し手がすぐに返済すること。

  • ローンが特定の日付までに返済されることにより、製品の陳腐化のリスクを回避します。

間取り図は、商品の売り手が適切な資金を調達できない場合に有効なオプションとなる可能性があります。