不完全な市場

不完全市場とは、すべての当事者が完全な情報を持っているわけではなく、参加者が価格に影響を与える可能性がある環境です。すべての市場はある程度不完全です。不完全な市場のいくつかの例を次に示します。

  • 独占と寡占。組織は独占を確立することができたので、通常は高すぎると考えられる価格を請求することができます。同じ状況が寡占でも起こります。寡占では、競争相手が非常に少ないため、価格で競争する意味がありません。

  • 国家の介入。政府は、通常、価格を実際の市場レベルより低く設定するために市場に介入する場合があります(石油の価格を助成するなど)。これが発生すると、過剰な数量が購入されます。逆の状況も発生する可能性があり、政府が非常に高い規制障壁を課しているため、競争を許可されている企業はほとんどありません(前述の独占および寡占の議論を参照)。

  • 株式市場。投資家は証券の発行者に関する最新の情報にすぐにアクセスできるとは限らないため、株式市場は不完全な市場と見なすことができます。

  • 異なる製品機能。競合製品にさまざまな機能が含まれている場合、不完全な市場が存在する可能性があります。この場合、バイヤーは製品を比較するのに苦労するため、多額の費用を支払う可能性があります。

不完全な市場の通常の影響は、鋭敏なトレーダーが状況を利用することです。これは、過度に高い価格から利益を得る独占所有者、インサイダー情報に基づいて証券を売買する投資家、または人為的に低価格で商品を購入し、他の場所でより高い価格で販売する裁定取引に従事する購入者である可能性があります。